バイク免許を教習所で取得するぞ>運転適正検査

運転適正検査

運転適正検査の結果がでました。まぁ結果を一言で言うと、普通です。


動作的特性として、注意力・持続力・慣れの速さ・判断力・安定性の5段階で出てきます。まず、注意力は平均人並みです。コメントには、あなたの注意力は、まず人並みです。(おいっ!たかが一回のテストではっきりと断定するなよ!)幅広く周囲の事柄を正しく把握できるように心がけてください、とのことです。


続いて持続力については、少し良かったです。上位から35パーセントに入りました。持続力のコメントには、同じ操作をするときは、持続力のある人は事故を起こしにくい。あなたはこの点で優れています。(あ、恐縮です。)


慣れの速さも少し良く、上位から35パーセントに入りました。慣れの速さのコメントは、同じ操作をするとき、慣れの早い人は、過ちが少ない。この点ではあなたはやや優れています。(ややって・・・なんかむかつきます。)ん、慣れの早い?慣れの速い?どちらでしょう。慣れの早いでしょうか?ちょっと私は暇人の嫌味ですから、直接株式会社情報開発に電話してみようかしら(笑)今すぐに電話しました!電話の内容はまた次回に・・・


続いて、判断力です。こちらは残念ながら下から35パーセントに入ってしまいました。判断力のコメントは、あなたはとっさの場面で、周囲の状況を迅速に見極めて、その場に応じた、正しい判断をする能力が、やや不足しています。(慣れの早さの、はやいっていう字を間違えているやつに言われたかねーよ。)


最後は、安定性です。安定性も残念ながら下から35パーセントに入ってしまいました。こちらはなんとなく納得できます。私はぜんぜん安定していません。たぶんこのブログでも誤字脱字がたくさんあるのでは・・・安定性のコメントですが、操作の早さ、動作の安定に少し欠けます。調子の悪いときは注意深く行動しましょう、とのことでした。(はい、運転のときに他後と考えているときがあります。以降気をつけます。)


バイク免許取得までの道のり
ミッションバイクでエンスト
バイクのギアチェンジもスムーズに
オートマチックバイクのギアチェンジ
S字の曲線コース・クランク・スラローム
S字の曲線コースと屈折コースの走り方
シュミレーション
運転適正検査
自動車適性検査の間違い
運転適性検査表
坂道発進
第一段階の見極め
シュミレーションによる授業
第二段階
曲がり角でのスピード調整
バイク教習教官は説明が下手
シュミレーションのセット教習
免許取得1年以内に起こす違反ベスト3
急制動の練習
みきわめ
検定試験
バイク教習所合格ポイント
これからバイクの教習所に入る人へ

その他
リンク募集
バイク用品を購入