バイク免許を教習所で取得するぞ>第一段階の見極め

第一段階の見極め

バイク講習8回目です。今日は見極めの日です。バイクの講習には第一段階と第二段階があります。第一段階では、運転装置の働きを理解し、正しい手順で操作できる、確実かつ円滑な運転操作ができるとこと、正しい運転姿勢で基本的な走行ができること、車両特性などに応じた基本的な走行ができること、が問われます。まぁ基本的な走行、ギアチェンジやクラッチの使い方、ブレーキの使い方ができればOKです。


第二段階は交通法規に従った正しい走行ができる、交通の状況についての情報を的確に読み取りながら快適な運転ができる、二輪車の運転に伴う危険を予測した運転ができる、二輪車の車両特性を理解し、余裕のある安全運転ができる、とのことです。まだ第二段階をうけたばかりなので(すでにこの記事をかいているときには見極めが終わり第二段階に進んでいます。)、よくわかりませんが、交通規則に従った運転ができるかどうかが問われそうです。


見極めは、第二段階に進めるかどうかのテストなので、とても緊張しました。私が苦手なのは、クランク(屈折コース)です。ゆくっりのスピードで直角に曲がるのは、とても難しいです。ついコーンにあたってしまったり、ハンドルを切りすぎてバランスを崩し、足をついてしまったりします。


他の直線狭路コースとスラロームはよゆうです。直線狭路コースは○秒以上で走らなければいけないという決まりがありますが、余裕で走ることが出来ます。半クラッチにしながら、足のブレーキを利用し、ゆっくり走ったら余裕で合格です。スラロームは8秒以内で走らなければいけませんが、最初は7.9とかぎりぎりでしたが、最後の方は6.4秒と余裕で走ることが出来ました。スラロームは速く走れると楽しいですよ。


苦手のスラロームは2回失敗しましたが、再度挑戦したらうまくいったのでみごと見極めは合格で第二段階に進むことになりました。よし、第二段階も頑張っていくぞ!!


バイク免許取得までの道のり
ミッションバイクでエンスト
バイクのギアチェンジもスムーズに
オートマチックバイクのギアチェンジ
S字の曲線コース・クランク・スラローム
S字の曲線コースと屈折コースの走り方
シュミレーション
運転適正検査
自動車適性検査の間違い
運転適性検査表
坂道発進
第一段階の見極め
シュミレーションによる授業
第二段階
曲がり角でのスピード調整
バイク教習教官は説明が下手
シュミレーションのセット教習
免許取得1年以内に起こす違反ベスト3
急制動の練習
みきわめ
検定試験
バイク教習所合格ポイント
これからバイクの教習所に入る人へ

その他
リンク募集
バイク用品を購入