バイク免許を教習所で取得するぞ>これからバイクの教習所に入る人へ

これからバイクの教習所に入る人へ

ここではバイクの教習所に入る人にアドバイスをしたいと思います。もともとバイクに乗る自信のある人、無免許でもガンガンのっている上手な人は無視してください。管理人のように、バイクに乗るのに少し自信がないという人のために管理人がバイク教習をうけているときに苦労したことを書いていきます。名付けて『管理人はここが難しかった!』です。


最初に難しかったのは、ギアチェンジです。クラッチ.ギアと聞き慣れない言葉が出てきます。教官は
「はい、クラッチ握ってー。はい、ギアを下に踏みます。はい、スピードが出てきたら、今度はクラッチを握って、ギアを蹴り上げます。」
管理人
「え?ギア?クラッチ?」
とパニックになってしまいました。クラッチがどれか、ギアがどれかしっかりと確認しておきましょう。


次に難しかったのが、バイクを止めるときです。止まるときは、クラッチを握りギアをローギアまで落とします。この、クラッチを握るという動作をついつい忘れてしまいエンストになるのです。


そして発進するときも手こずりました。まず最初にニュートラルからローギアにかえるのですが、このときクラッチを握ってないと、エンストをおこします。クラッチを握りながら、ローギアに変えて、今度はクラッチを握った状態から、半クラッチに変えます。この半クラッチとはクラッチを半分握った状態です。この半クラッチの状態で出発しないと、またまたエンストします。いきなりクラッチをはなしてよくエンストを起こしました。


何度もエンストを起こすかもしれませんが、バイク教習3回目のころには、少しは慣れてくるでしょう。次に難しく感じたのが、スラロームです。このスラロームを走るときにギアはどうすればいいのか?クラッチはどうするか?エンジンはどうするか?など、たくさんの疑問がわいてきます。バイク教習所の教官は、なかなか走るテクニックを教えてくれません。なので自己流です。


最初はスラロームに入る前に、スピードを出してクラッチを握り、最初のスピードを利用して走りました。でもこれではあまり良いタイムではありませんでした。そこで、最初バイク教習所に入ったときにもらったバイク教本という本を参考にして、走り方を勉強しました。そこで、ギアはローギアではなく、セカンドギアの方が走りやすいこと、エンジンの入れ方はどうすればいいかわかりました。


次に訪れた難関は、クランクです。こちらはローギアで走っているとバイクがガタンガタン揺れて途中で足をついてしまいました。こちらもローギアで走るのではなく、セカンドギアを使って走ると解決できました。セカンドギアに入れて半クラッチの状態ですすみます。スピードが出ている場合は、後ろのブレーキを使ってください。


管理人が手こずったのは以上です。第二段階は、第一段階に比べると簡単なので、第一段階で難しく感じたことは、教官に聞くなどして第二段階の早めのうちにかいけつしておきましょう。


あなたもこれで検定試験一発合格です!!最初バイクに乗るとき、とても緊張すると共に、わくわくします。がんばってください。

バイク免許取得までの道のり
ミッションバイクでエンスト
バイクのギアチェンジもスムーズに
オートマチックバイクのギアチェンジ
S字の曲線コース・クランク・スラローム
S字の曲線コースと屈折コースの走り方
シュミレーション
運転適正検査
自動車適性検査の間違い
運転適性検査表
坂道発進
第一段階の見極め
シュミレーションによる授業
第二段階
曲がり角でのスピード調整
バイク教習教官は説明が下手
シュミレーションのセット教習
免許取得1年以内に起こす違反ベスト3
急制動の練習
みきわめ
検定試験
バイク教習所合格ポイント
これからバイクの教習所に入る人へ

その他
リンク募集
バイク用品を購入